カラコンの注意点

カラコンを利用するときに絶対に行ってはいけないことがいくつかあります。それを行ってしまうと失明の危機に陥ったりすることがあるので注意しましょう。カラコンの使用の基礎をしっかりと身に付けておくことで、より豊かなカラコンライフを楽しむことが出来ます。

まずはカラコンをつけたまま寝るということです。これはレンズに遮られ目に酸素がいかなくなるため、眼病やトラブルの原因になります。決して行わないようにしましょう。またレンズに触れる際にはしっかりと手を洗うということも大切です。外から菌を持ち込んでしまうのを防ぐことが出来ます。レンズをケースに仕舞う前には洗浄液を使用してしっかりとこすり洗いを行います。水道水だけでの洗浄はよくありません。ケースを定期的に交換することも大切です。

また、皆さんがあまり気にしていないことで、試用期間をしっかりと守ることが重要です。カラコンには、使用可能な期間が決められています。購入時に箱に記載されているので、しっかりと確認するようにし迷う。この期間は開封からの経過日収であり、使用した日数ではないので注意しましょう。試用期間を過ぎてしまうと、レンズに傷が出来たり曇りが生じたりするので、注意しましょう。