カラコンを安全に使おう

カラコンを安全に使おう カラコンは瞳の色を変え、簡単に目元のおしゃれをする事ができます。昔までは、目元を変えるといっても、メイクをしてまぶた周辺やまつげなどをアレンジする事しかできませんでした。しかし今ではカラコンを使う事で、瞳の色を直接変える事ができるため、メイクの幅が非常に広がったといえます。ただ、やはり目に直接触れさせて使うアイテムでもあるため、使用に関しては十分に注意しなければなりません。当サイトでは、カラコンの使用に関する知識を紹介しています。

カラコンの使用における注意点ですが、これは通常のコンタクトレンズにも同様にいえる事です。必ず避けておきたい事としては、カラコンを装着したまま寝てしまうという事です。レンズをつけていると十分に目に酸素が行き届かないため、目の病気を起こしてしまう心配があります。さらに、レンズが角膜からズレ、目の裏まで移動してしまうと自分で取る事ができません。そのため、寝落ちする可能性も考え、ある程度就寝時間が近づいてきたらカラコンを外しておく事が安全です。

ワンデー以外のレンズを使用する場合、カラコンを外した後は洗浄保存液を使い、丁寧にケアを行う必要があります。その際の注意点として、手は必ず清潔にしておく事が挙げられます。石鹸で手を洗い、水気を十分にとってからレンズに触れるようにしましょう。というのも、水道水がレンズに触れると、アカントアメーバ感染を起こす可能性があります。細菌がレンズに付着した状態でカラコンを目につけると、アカントアメーバ角膜炎を起こす心配があり、最悪の場合、失明の危険性まで考えられますので、カラコンの扱いには十分に注意しましょう。

カラコンを購入する前には、サイズやカーブ、そのほか安全性を知るために、必ず眼科で相談してから購入することが大切です。これまで度なしのカラコンであればわざわざ眼科に相談する必要性はありませんでしたが、今では度の有無にかかわらず、眼科に相談してから購入し使用する必要があります。カラコンにおける目のトラブルが相次いだ事もあり、手軽に購入出来るという事からカラコンにおける知識を十分に持たないまま使用するというのは非常に危険です。安全のためにカラコンを購入、使用する前には眼科に相談するようにしましょう。当サイトではこれらのような、カラコンに関する情報を紹介していますので、興味がある方はぜひ、チェックされてみてはいかがでしょうか。

最新ニュース